おちあいじゅんいちの日常生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 消費税増税を決断した安倍晋三

<<   作成日時 : 2013/10/02 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月1日、安倍総理大臣が来年4月からの5から8%の消費税増税を引き上げると表明しました。

アベノミクスで景気を上向いている傾向はあるものの景気の腰を折る消費税増税などなぜこのタイミングで表明したのでしょうか

政権交代から安倍政権の支持率は落ちることなく高値安定で推移していましたが、この日を境に落ち込むのは確実でしょう。しかし支持率などよりも深刻な問題がこれで景気後退、デフレの引き戻しが確実になるからです。



テレビは各局こ消費税のニュースを取り上げ、街の人の意見を聞いていましたが、
大抵の人が

「社会保障がこれからかさむからしょうがない」

という政府が聞いたら泣いて喜ぶ非常に物分かりの良いのんぼりコメントが目立ちました。消費税でこれまで景気や税収が改善されたなら使われても良いセリフですが、そんな事今までありましたか
この人たちに問いたいですね。

僕は消費税は大反対です。89年に導入されて20年以上になる消費税ですが、歴史を振り返ってもこれ程の悪法はありません。導入直後の89年はバブル経済真っ只中でしたから税収効果はありましたが、バブル崩壊後、97年に3から5%へ消費税増税すると倒産企業激増で消費が確実に停滞したのです。この時消費税増税の景気の影響による配慮から大型減税を行ったにもかかわらず、税収は増税した年をピークに超えることは出来ませんでした。

画像



これは景気が改善していないにも関わらず消費のペナルティを増やしたこともありますし日本の消費税自体に大きな欠陥があるからなのですある人は欧州に比べて消費税は高くないと言います。
しかし下の仕組みを見れば明らかで日本は欧米などと比べても十分税金をせしめ取られています。



●実は日本は超重税、福祉超充実国家のスウェーデンよりも税負担が大きい!

租税・社会保障負担率
日本     28.8%
スウェーデン 51.6%

この数字だけ見るからスウェーデンは重税国家と言われるが、
ここから社会保障給付費や公財政支出教育費を差し引いた修正国民純負担率は、

日本     14.0%
スウェーデン 11.9%

逆に日本の方が大きくなる。
つまり払った額から返ってくる分を引くと、日本の方が負担が大きいのである。



欧州は高い税率を設けている代わりに年金や医療費、学校の授業料などを国民に大きく還元しています。日本はどうですか高い税金や社会保険費払って年金支給開始年齢を遅らせ、医療費も負担者割合を上げています。高福祉高負担の欧州と低福祉高負担の日本とは税率の違いを比較するのは見当違いなのです


さらに食料品や公共サービスなどの軽減税率を適用していません。安倍総理の会見でも軽減税率に関しては一切語りませんでした。税率を上げることだけで軽減税率など頭にないのかも知れません。低所得者への一回こっきりの一万円支給など庶民をバカにしてるとしか思えません。これで景気回復などとよくも平気で言えたもんです

消費税で一番痛みを被るのは消費者ではなく消費者へ商品を提供している会社なのです。デフレ不況の中、顧客獲得のために人件費などコストをカットして安売りで商売したおかげで体制を保っていますが、さらに3%翌年に5%となれば顧客を繋ぎとめるために更なるコストカットが求められます。

消費税が上がったらいくら負担が増えるではなく支出は変わらず節約に努めます。国民増税分を節約するなら8兆円の増額ではなく8兆円の消費が失われる。そうすれば8兆円の売り上げが 減ることになり、それを補うために企業はリストラや賃下げを行うでしょう。
8兆円分の労働者賃金が失われると、200万人の雇用が失われます。賃金を上げれば解決と言いますが倒産が相次げば夢物語となり 日本は景気後退、さらにもっと悪くなっていくでしょう。

品物に消費税分を上乗せして買い控えが起きたら今までのコストカット等の影響で脆弱になっている小売店はあっという間に潰れます。97年の悪夢が再び、いやそれ以上に日本の社会全体への悪影響は避けて通れません。


消費税増税で改善されなければ安倍総理や推し進めた財務官僚には責任を取っていただきますそして速やかに消費税減税法案を可決させて税率を元に戻してください。僕の希望は消費税廃止して以前のように付加価値の高い物品にだけ税金を掛けるようにしたいのですが。

安倍政権が一次政権での惨めな降板から立ち直って再び総理の座についた時には二度目の失敗は本人も痛切に感じているからないだろうと期待していたのですが、靖国不参拝、竹島式典取りやめなど政権公約を破り、TPP推進、そして消費税増税と余計な事をしでかしていて一次末期の危うさを感じています。

デフレからの脱却、経済立て直しを旗印に掲げているのに景気を引っ張る消費税増税など正気なのか問い詰めたいですね

安倍総理の本丸である憲法改正もこのままでは押し切られ実現不可能でしょう。今月中旬には靖国神社秋の例大祭が行われます。これも圧力に屈して参拝出来ないでしょうね。残念ですが、総理復活からの快進撃は昨日の会見ですべて終わりました。

日本に真の保守リーダーが出てくれることに期待します








アベノミクスを殺す消費増税
飛鳥新社
田村秀男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アベノミクスを殺す消費増税 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消費税増税を決断した安倍晋三 おちあいじゅんいちの日常生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる